ハレトケブログ

法人営業→人事→事業企画。主に営業論。

社会

「会社員disり」の本質

「会社員disり」のプロレス化 昨今、ネット界隈において会社員のステータスは下降していると言える。イケダハヤト氏(@IHayato)やサウザー氏(@Fist_of_Phoenix)のように台頭した個人事業主たちにより会社員の働き方はdisられている。そして、彼らに賛同…

「価値の遠近法」という教養−鷲田清一による大阪大学卒業式式辞より−

鷲田清一(京都市立芸術大学理事長・学長)が、2011年3月25日、当時総長を勤めていた大阪大学の卒業式において述べた式辞は「教養とはなにか」を考える上でとても印象深く、いまでも読み返す機会がある。 当時、世間は二週間前に起きた東日本大震災の渦中に…

人間は合理的動物ではなく合理化する動物

私たちは自分の意志で行動を選択している。これは現代社会の前提とも言える当たり前の命題である。これを食べる、これを着る、これを買う、ここに行く、こう言う。私たちは日々、様々な選択をし続けている。そして、「私」という主体が存在し、その「私」が…

サイボウズ『働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。』を読破して

サイボウズは20周年記念コンテンツとして『働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。』の特設サイトをオープンしました。 内山勇士作のメッセージアニメ『アリキリ』をメインコンテンツに、「働き方」をテーマとして様々なコンテンツが掲載されています。 cyb…

消費ではない新しいハレが必要になる ー ハレとケとは

生活していく中で何ら変わらない日々に辟易してしまうことがあります。 平穏な生活を送っていても、鬱屈とした気持ちが溜まっていく。 これは一体どういう感情なんだろうということをよく考えていました。 この疑問に対して、納得のいく捉え方を示してくれた…

不都合な真実のなかで前を見据える

私たちの世界観は現実の社会で見たものと、メディアを通じて見たもので構成されていますが、それらは真実からほど遠いものです。 この事実は、とても実現できないだろうと思っていた夢が実現するという希望を孕みますが、逆もまた然りです。 昨日、書評を書…

『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』書評

貴族以外に選挙権が与えられ、奴隷制度が廃止され、女性の社会参加が当たり前になった。世界経済は250倍に膨らみ、一人あたりの所得は1850年の10倍になり、一日25ドル未満で暮らす人々の割合はこの40年弱で世界人口の44%から10%未満になった。そして、世界…