ハレトケブログ

法人営業→人事→事業企画。主に営業論。

幸福論

自己充足的行為と手段的行為

わたしたちは毎日、充実した人生に近づきたいと思っている。 わたしたちは毎日、充足した一日を送りたいと思っている。 この両方が満たされている状態を「幸福」と定義してみたい。 この状態において、わたしたちの目的はふたつ。 人生で達成したい目的 一日…

「価値の遠近法」という教養−鷲田清一による大阪大学卒業式式辞より−

鷲田清一(京都市立芸術大学理事長・学長)が、2011年3月25日、当時総長を勤めていた大阪大学の卒業式において述べた式辞は「教養とはなにか」を考える上でとても印象深く、いまでも読み返す機会がある。 当時、世間は二週間前に起きた東日本大震災の渦中に…

週3回の夜90分が人生を分ける

週3回の夜90分が人生を分ける。 今日はこの提案について論考してみたい。 これは、英国の小説家、劇作家であったイーノック・アーノルド・ベネット (Enoch Arnold Bennett、1867年5月27日 – 1931年5月27日) が著書『自分の時間』において提案したものだ。 自…

つらいときに読む本 3選

誰にでもつらいときがあります。 そうであるにも関わらず、そのときをどうやり過ごすかはなかなか共有されないものです。わたしはいつも読書で乗り切るので、どこかの誰かの役に立てればいいなと思い、「つらいときに読む本」としておすすめしたい3選をご紹…

遊んでいれば暮らしになる

「遊んでいれば暮らしになる」 以前、スペインへ向かう飛行機内で隣だった老女にもらったアドバイスだ。仕事が辛くなるたび、将来のキャリアを考えるたびに、この言葉を思い出す。 あれはどういう意味だったのだろう。 ああでもない、こうでもないと思考を巡…

『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』書評

貴族以外に選挙権が与えられ、奴隷制度が廃止され、女性の社会参加が当たり前になった。世界経済は250倍に膨らみ、一人あたりの所得は1850年の10倍になり、一日25ドル未満で暮らす人々の割合はこの40年弱で世界人口の44%から10%未満になった。そして、世界…

『7つの習慣』要約

セルフマネジメントのド定番理論、スティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』を要約してまとめてみました。 7つの習慣を実践すれば納得がいく人生が送れそう!と誰もが思いますよね。 一方で高いレベルで実践するのは簡単なことではありません。 僕は毎…

接点の数を限定する

日々ほとんどの人が感じているストレス。 毎週何かしらしんどいことありますよね。 そのほとんどは何らかのプレッシャーによるものです。 社会人であれば、顧客から、家族から、友人から、自分から様々な期待を受けて生活しています。その期待はいつしかプレ…

自由度と幸福度の関係

自由の限定が幸福度を上げる 以前の記事で、「やらないことを決める」ことを実行に移すことが必要という話を書きました。この観点で幸福論について探してみたところ、心理学者によるTEDでの興味深いプレゼンを見つけましたので共有します。 logmi.jp このプ…